リフォームのことで困った時の相談先は?

リフォームで困ったらここへ聞け!相談サイト

>

もしトラブルが発生してしまったら!

安易に契約ない方がいい案件も

リフォームと一言で言っても様々です。
中には、訪問販売のようなケースもありますね。
屋根に上って修理が必要だ、と言ったり、床下を開けて床下乾燥機をすすめたりするパターンは時々トラブルになっているものもあります。
本当にその工事が必要なのであればいいのですが、単に器具を売りつけられたり、やったかもわからない工事にお金を要求されたり、という問題は後を絶たないようです。
特に、契約者が高齢な場合に、より多く見られます。
また、見積もりと契約内容が大きく違うがキャンセルすると嫌な顔をされたり、お願いしていない施工内容が入っていたりといったトラブルもあります。
そんな時はできるだけ早めに信頼できる機関に相談してください。

もしトラブルになってしまったら

気をつけていても、うっかりトラブルを抱えてしまう事もあります。
業者が明らかに違法の場合もあるかとは思いますが、業者との行き違いから生じてしまう事も。
得意分野ではないリフォームを受けたため、施工ミスなどが発生した、というようなパターンもその例の一つですね。
大手の業者でも、現場は下請けの場合が多いもの。
信頼できる業者が間に合わず、新しい下請け業者にしたところ、施工ミスが目立ったという話も聞きます。
もしトラブルになってしまったら、自分たちだけで何とかしようとせず、「住宅リフォーム紛争処理支援センター」などの専門機関に相談してみることをおすすめします。
他に「国民生活センター」「日本建築士協会連合会」がありますので、トラブルが大きくなる前に相談してくださいね。


この記事をシェアする
TO_TOP